2020年3月29日日曜日

ハーブ 手作り 簡単ハーブ透明石けん カレンデュラハーブティー、ゼラニウム精油、スイートオレンジ精油をつかう。




今回も簡単なハーブの手作りです。前回の石けんよりも簡単で、電子レンジで作ることができます。

簡単ハーブ石けん(1個分)
材料 MPソープ(クリア)50g、カレンデュラハーブティー小さじ1/2、ゼラニウム精油3滴、スイートオレンジ精油2滴。

MPソープをはかり、ナイフで細かく切り、ビーカーに入れます。

MPソープは、電子レンジで溶かして使う石けんです。

カレンデュラハーブティーをはかります。

ハーブ大百科/デニ・バウン著によりますと、カレンデュラは、利用部位が花びらで、花びらは、サフランの代用として米料理やスープに、また浸出成分はチーズ。バター、ミルクデザート、ケーキの着色料に使用するなどと記載されています。


電子レンジに、MPソープが入ったビーカーを入れ、500W20秒で溶かし、ゼラニウム精油、スイートオレンジ精油を加えて攪拌棒でかき混ぜます。
とけないときは、もう少し電子レンジで溶かします。エッセンシャルオイル&ハーブウォーター375/ジニー・ローズ著によりますと、ゼラニウム精油は、スキンケア用品などに外用で使用されますなどと記載されています。爽やかなスイートオレンジを加えました。


お菓子の型などにビーカーの液の半分の量を注ぎ、カレンデュラハーブティーを入れ、もう半分の液を注ぎ、固まったら型から取り出し乾かします。

お菓子の型に液を注ぎ、カレンデュラを入れて残った液を注ぎました。1時間くらいで型から取り出しました。カレンデュラが綺麗で香りが良い石けんです。


2020年3月22日日曜日

ハーブ手作り 簡単ハーブ石けんを作る。ジャーマンカモミールハーブティー、ラベンダー精油をつかう。




今回も簡単にできるハーブ、石けんを作ります。

簡単ハーブ石けん(1個分)
材料 石けん素地(手で練って形を作る石けん)100g、精製水40ml、ジャーマンカモミール小さじ1、ラベンダー精油5滴。ハチミツ小さじ1。



ジャーマンカモミールをはかり容器に入れます。

ハーブ大百科/デニ・バウン著によりますと、ジャーマンカモミールは、利用部位が花、苦い芳香、鎮静性のハーブなどと記載されています。ハーブティーでおなじみですね。


精製水をビーカーに入れて、湯煎にかけて温め、ジャーマンカモミールに注いで5分〜10分そのままにします。

精製水は、不純物を取り除いた水です。精製水を注ぎ、ラップをしました。


石けん素地をはかり、チャック付きのビニール袋に入れ、ジャーマンカモミールの浸したものを2〜3回に分けて手で袋を揉みながら加え、ラベンダー精油とハチミツを加えて袋を揉みます。

エッセンシャルオイル&ハーブウォーター375/ジニー・ローズ著によりますと、ラベンダー精油は、気持ちを落ち着ける作用があり、ヘアケア、スキンケアなどになどと記載されています。ハチミツは加えると形が整いやすくなるので使いました。今回は、普通のハチミツのふたが開かないのでマヌカハニーを使いました。


袋から出し、お菓子の型などで型を整えても良いし、手で形を作っても良いです。完全に乾かします。

お菓子の型を使いました。簡単に出来上がりです。香りも良いです。




2020年3月15日日曜日

アロマ手作り 簡単にできるアロマスプレー ユーカリ精油、ティートリー精油をつかう。




今回は、簡単に作ることができ、好きな時につかうことができるスプレーを作ります。

ユーカリ精油、ティートリー精油のブレンドで、爽やかな感じです。

アロマスプレー(30mlスプレー容器用)
材料 エタノール5ml、精製水25ml、ユーカリ・グロブルス精油3滴、ティートリー精油2滴。

エタノールをビーカーに入れます。

精油はエタノールによく溶けるため、スプレーなどを作る際、あらかじめ精油とエタノールを混ぜてから水を入れると、精油と水がなじみやすくなるといわれています。


精油を加えて攪拌棒で混ぜ合わせ、スプレー容器に注ぎます。

エッセンシャルオイル&ハーブウォーター375/ジニー・ローズ著によりますと、ユーカリ精油は、カンファー臭のある軽くウッディな香りで、香りが頭に上ってくるような感じがあり、ティートリー精油は、スッキリとしたなどと記載されています。作成時から鼻がすっきりするような感じになりました。


精製水をビーカーに入れ、スプレー容器に注ぎ、ふたを閉めて容器を振ります。

精製水は、不純物を取り除いた純度の高い水と言われています。日付けなどを書いたラベルを貼ります。モヤモヤした時などの気分転換などにいかがですか?

2020年3月8日日曜日

ハーブ 手作り 春の種子をまく。

それぞれハーブティー、ドライフラワー他楽しみです。2020年3月



私の所有する宮城県蔵王町の農地では、ビニールハウスでの春のハーブの種子まきの時期になりました。

今回は、春のハーブの種まきです。

春のハーブの種まき
材料 種 ジャーマンカモミール、ディル、食用ホウズキ(ストロベリートマト、ゴールデンベリー、帝王貝細工、カレンデュラ、矢車菊、ニゲラ、白わた、ベニバナ、センニチコウ、花と野菜の培養土。

種まき用の容器に土を入れ、種の名前を書いたラベルをさします。

1種類につき5個〜10個ずつになるようにしました。


それぞれの種子をまき、土をかぶせて水をやり、新聞紙をかぶせます。

どうか無事に芽が出ますように

2年前から農地に遊びにきているネコです。種子まき中もそばで見ていました。今年もよろしくね。

2020年3月1日日曜日

アロマ手作り 簡単にできるミツロウクリーム ラベンダー精油、スイートオレンジ精油をつかう。




今回は、ミツロウクリームを作ります。簡単なのでまだの方は、試してみると良いです。

ミツロウクリーム(約25mlクリーム容器用)
材料 ミツロウ3g、スイートアーモンド油20ml、ラベンダー精油2滴、スイートオレンジ精油1滴。


ミツロウをはかり、ガラス製クリーム容器に入れます。

ミツロウは、ミツバチが巣をつくる時に分泌するロウで、ミツロウと植物油の比率を変えることで、硬めのクリームと柔らかめのクリームが作れると言われています。今回は、色や香りを取り除いた精製タイプのものを使いました。



ビーカーにスイートアーモンド油を入れ、クリーム容器に加えます。

スイートアーモンド油は、スイートアーモンドの種子を圧搾して得られ、古くから化粧品に用いられ、伸びがよく、肌のタイプを選ばず全身に使えるので、初心者にも使いやすいオイルと言われています。



クリーム容器を湯せんにかけ、ミツロウが溶けたら、火を止めてクリーム容器を取り出します。

時々、攪拌棒でかき混ぜるとミツロウが早く溶けるようです。



クリーム容器を取り出したら、攪拌棒でかき混ぜ、粗熱が取れたら精油を加え、さらに攪拌棒でかき混ぜます。日付けなどを書いたラベルをクリーム容器に貼ります。

エッセンシャルオイル&ハーブウォーター375/ジニー・ローズ著によりますと、ラベンダーは、気持ちを落ち着ける作用があり。ヘアケアやスキンケアに、スイートオレンジは、気持ちを落ち着かせる作用、外用でスキンケアになどと記載されています。今回は、親しみやすい精油を使いました。出来上がったら、まず手に塗ってみると良いです。

2020年2月23日日曜日

フランキンセスのクレイパックをつくる。カオリン、フランキンセンス精油、ローズ芳香蒸留水をつかう。



春がもうすぐそこまで来ています。今回は、フランキンセンス精油を使ってクレイパックを作ります。


フランキンセンスのクレイパック(1回分)
材料 カオリン大さじ1、ダマスクローズ芳香蒸留水小さじ1、フランキンセンス精油1滴。


容器にダマスクローズ芳香蒸留水を入れます。

芳香蒸留水は、水蒸気蒸留法によって精油を抽出する際、同時に得られます。わずかながら水溶性の芳香成分などが溶け出ていて香りが豊かだと言われています。


カオリンを加えて水分が浸透するまでそのままにします。

カオリンは、パックなどに用いられる粘土のクレイの一種で、吸着、収れん作用があるなどといわれています。約10分そのままにしました。


フランキンセンス精油を加え攪拌棒などで混ぜ合わせます。

アロマテラピー図鑑/監修佐々木薫によりますと、フランキンセンスは、フランキンセンスの木から採れる乳白〜黄褐色の樹脂から抽出される精油で、古代から珍重されてきた神秘的な香りの精油、肌に活力を与え、若返りのハーブとして、ローションやクリームにも使われているなどと記載されています。ローズとフランキンセンスで春に備えます。

目や口の周りを避け、顔全体に広げるよう塗り、少し乾いてきたら、ぬるま湯などで優しく洗い流し、化粧水などで肌を整えます。

2020年2月16日日曜日

ローズマリーの足浴用のバスソルトをつくる。ローズマリー精油、レモン・フロクマリンフリー精油をつかう。



たくさん歩いた後や、足を温めたい時など自宅でも簡単に足浴を行うことができます。

今回は、ローズマリーの精油で足浴用のバスソルトを作ります。


ローズマリーの足浴用バスソルト(1回分)
材料 バス用塩大さじ1、ローズマリー・シネオール精油2滴、レモン・フロクマリンフリー精油1滴。



容器にバス用の塩を入れます。

粒子の粗いバス用の海塩です。


精油を加えて攪拌棒などでかき混ぜます。

ローズマリーは、エッセンシャルオイル&ハーブウォーター375/ジニー・ローズ著によりますと、一般に、心と体を刺激して活性化させたい時に用いますなどと記載されています。今回は爽やかなレモンの香りを加えました。


足浴用の洗面器などに足首まで浸かるくらいの湯を入れて、作成したバスソルトを入れ、かき混ぜます。椅子に座って足を入れます。

今の季節に最適です。温まり良い気分です。香りをより楽しむのでしたら、作りたてがより良いです。

2020年2月9日日曜日

シナモン入りリンゴジャムを作る。




パンに塗ったり、欠かすことができないジャムですが、今回はシナモンを加えてのリンゴジャムを作ります。

シナモン入りリンゴジャム(500g容器用)
材料 紅玉リンゴ2個、黒糖86g、レモン汁(レモン)1/2個分、シナモン1/2本。


シナモンをすり鉢などを使い、細かくします。

メディカルハーブ/ペネラピ・オディ著によりますと、シナモンの作用は、駆風、発汗促進他と記載されています。

4等分にし、皮をむき、いちょう切りにし、塩水につけたリンゴを鍋に入れて砂糖をまぶして10分くらいそのままにし、なじませます。

リンゴは、作用が強壮、消化促進、肝臓機能促進他とメディカルハーブ/ペネラピ・オディ著に記載されています。



レモン汁を加えて、弱火で沸騰したらあくを取り除き、リンゴが透き通るまで煮て、最後にシナモンを加えてスプーンなどでかき混ぜて火からおろします。

特に冬はスパイスの香りが心地よく感じます。他のスパイスでも試してみます。


2020年2月2日日曜日

カレンデュラオイルでクリームをつくる。



2020年1月19日日曜日に、農地で収穫したマリーゴールド(カレンデュラ)を使ってのカレンデュラオイルを投稿しましたが、今回は、そのカレンデュラオイルでクリームを作ります。


カレンデュラオイルのクリーム(約30ml容器用)
材料 カレンデュラオイル25ml、シアバター3g、ミツロウ精製2g、ローマンカモミール精油1滴、ラベンダー精油1滴。



(1月19日の投稿からの続き)2週間植物油に浸したマリーゴールドの液をガーゼなどを使って濾します。

最後にガーゼを束ねて絞りました。クリームに使わない残りはクレンジングオイル(化粧落とし)他に使います。



クリーム容器にカレンデュラオイル、シアバター、ミツロウを入れて湯せんにかけます。
メディカルハーブ/ハーバルセラピストコース・テキストによりますと、カレンデュラ油とミツロウで作るカレンデュラ軟膏は万能軟膏の名で知られていますなどと記載されています。今回は、今の季節によりよく感じるシアバターも加えました。


ミツロウが溶けたら、火を止めて容器を外し、攪拌棒でかき混ぜ、粗熱が取れたら精油を加えて攪拌棒でかき混ぜます。

今回は、スキンケアによく使われるローマンカモミールとラベンダーの精油です。


容器に作成日などを記入したラベルを貼ります。

香りも良く肌にもなじみます。家事の前後に手に塗っても良いものです。

2020年1月26日日曜日

スキンローションをつくる。ゼラニウム精油、スイートオレンジ精油をつかう。




最近は、空気が乾燥しています。

今回は、いつでも手軽にできる肌のスプレーを作ります。

スキンローション(50mlスプレー容器用)
材料 精製水45ml、エタノール5ml、グリセリン5ml、ゼラニウム精油1滴、スイートオレンジ精油1滴。



ビーカーにエタノールを入れます。

精油はエタノールによく溶けるため、スプレーなど作る際、あらかじめ精油とエタノールを混ぜてから水を入れると、精油と水が馴染みやすくなると言われています。



精油を加え、攪拌棒で混ぜます。

今回は、ローズのような香りのゼラニウムに、甘く爽やかなスイートオレンジです。
エッセンシャルオイル&ハーブウォーター375/ジニー・ローズ著によりますと、ゼラニウムは肌に対するとても素晴らしい強壮作用、収れん作用他、スイートオレンジは、フレッシュで甘い香りを引き立たせるためのブレンドに使用するなどと記載されています。



精製水とグリセリンを加え、攪拌棒でよく混ぜ合わせます。

精製水は、不純物を取り除いたもので、グリセリンは、保湿成分として、アロマテラピーではローションなどの基材として用いられると言われています。



スプレー容器に入れて作成日などを書いたラベルを貼ります。

今回は、綺麗なスプレー容器を見つけました。ビンの底にラベルを貼りました。持ち歩いて使用します。気分もよくなります。

2020年1月19日日曜日

自家製マリーゴールド(ポットマリーゴールド)でカレンデュラオイルをつくる。



今回は、私の所有している宮城県蔵王町の農地で収穫し、保存していたマリーゴールドを使ってカレンデュラオイルを作ります。

カレンデュラオイル(100ml保存ビン用)
材料 マリーゴールド(ポットマリーゴールド)2g、ホホバ油未精製20ml、アプリコットカーネル油20ml。

ハーブ大百科/デニ・バウン著によりますと、カレンデュラは、利用部位が花びらで、特徴は、肝臓などの強化、また皮膚の炎症緩和、収穫は、生、または乾燥させたものを成分浸出液、チンキ、または食用にする、外用には花びらをオイルに浸すなどと記載されています。写真は昨年の10月はじめに私の農地で撮影したものです。種から栽培しました。今年も種をまく予定です。


マリーゴールド(ポットマリーゴールド)の花びらを保存ビンに入れます。

カレンデュラ(ポットマリーゴールド)は、主要成分がカロチノイドと言われています。花びらを萼から外しました。



ホホバ油、アプリコットカーネル油を注ぎます。

植物オイル・ハンドブック/シャンタル&リオネル・クレルジョウ著によりますと、ホホバ油は、皮膚の保湿、活力回復、潤滑作用、組織の再生など多くの効用があり、アプリコット油は、強壮、保湿、柔軟など多くの効用があるなどと記載されています。



ふたを閉めて、日付けなどを書いたラベルを貼り、暖かいところに置いて、2週間そのままにします。

1日1回、ビンを振ります。特に冬は、カレンデュラオイルが役にたちます。2週間後が楽しみです。



2020年1月12日日曜日

カカオあんこもちをつくる。




新年も無事に迎えました。

おもちもまだ食べられるので、今回は、以前から作りたかったカカオパウダーを加えたあんこもちを作ります。


カカオあんこもち(1人分)
材料 こしあん大さじ2、カカオパウダー小さじ1/2、切り餅1個。


こしあんにカカオパウダーを加えて混ぜ合わせます。

スーパーフード便利帳/いとうゆき著によりますと、カカオは注目の成分がポリフェノール、テオブロミン、食物繊維他と記載されています。

  


切り餅を焼き、容器に入れ、混ぜ合わせたこしあんとカカオパウダーを加えます。

チョコレートを食べているような感じになりました。お餅がまだあるのでまた作ります。美味しいです。